読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今心にあるもの

意味を持たない、過去の物質ばかり。

 

帰ってきたけど、その場所には今までの本はいない。

 

裏切っちゃったのかな。

 

その本たちは今までの輝きを失った。

 

僕がじぶんを軽くして過ごした時間は、僕の身の回りのものも軽くした。

 

ぺらぺらになった自分を迎えてくれるものはもうなかった。

 

ぺらぺらなんかじゃないのか、これが普通なのか。

 

なににも傾倒しないで中立にする。

 

なんとなく絵だけは静かに見守ってくれる気がする。

 

絵ってのはいいな。

 

自分の軽くなった人生を

 

ひと吹きの風にでも流されてしまういそうなこの心。

 

体だけ大きくなって情けない。

 

居てるだけで、胸が張れなさそうだ。